俳句10

180,風鈴も風に揺られず夏バテか

2007,6,4  




179,鈴も風に揺られて景気良く

2007,6,3  



178,金魚鉢赤色の目立つ水の中

2007,6,2  



177,目高でも精一杯生きている

2007,6,1  



176,甲虫角を誇示して邪魔そうに

2007,5,31  



175,朝の日がまぶしく光り夏を告げ

2007,5,30  



174,甜瓜海辺で食べた幼い日

2007,5,29  



173,水羊羹甘く澄み切り懐古せり

2007,5,28  




172,蜜豆に懐かしきひと思い出し

2007,5,27  



171,亡き父の皐月の盆栽棚に在り

2007,5,26  



170,草茂り行く道端も情趣出て

2007,5,25  



169夏場所や関取の汗よく目立ち

2007,5,24  



168,葉は茂り日射しは強く気は晴朗

2007,5,23  



167,母の日に花束届く思いやり

2007,5,22  



166夏きざし電車の冷房効き始め

2007,5,21  



165,入梅か雨続きの日多くなり

2007,5,20  



164,草取りに腰をかがめて精を出し

2007,5,19  



163,夏めきて鉢の水遣りいそがしく

2007,5,18  



162,夢ならば月までだって15分

2007,5,17  



161,雀の子干からび道に嗚呼哀れ

2007,5,16  


俳句9へ


トップページへ

俳句11へ