俳句101
2000,早大の新年会に初参加

2015,1,21

1999,葉牡丹の並びし花壇白の景

2015,1,17

1998,時は過ぎ枯葉が粉になりて舞い

2014,1,15

1997,カラカラと枯葉一枚転がり来

2014,12,31

1996,古里はこころのなかに花餅哉

2014,12,22

1995,何時の間に裸になって銀杏散る

2014,12,17

1994,黄葉が雨に打たれて黄の絨毯

2014,12,16

1993,クリスマスイリュミネーション満ち溢れ

2014,12,14

1992,かよさんのすき焼き鍋も昔日に

2014,12,13

1991,皸の予防の為にお手入れを

2014,12,13

1990,古日記交代の時新日記

2014,12,13

1989,紅葉散り枝が剥き出し骨姿

2014,12,13

1988,人参は改良重ね食べやすく

2014,12,13

1987,不景気で書く気もならぬ年賀状

2014,12,13

1986,黄葉がひらひらと舞うフロントに

2014,12,13

1985,理不尽な母の言葉に冬を見る

2014,12,13

1984,年老いた母の我儘冷たいな

2014,12,13

1983,冬の夜独り寂しくラッパ吹く

2014,12,13

1982,鼻水の交通整理警察官

2014,12,12

1981,街路には次次落ちる枯れ落ち葉

2014,12,9

俳句100へ

トップページへ