俳句12

220,青紫蘇や仄かな香り清々し

2007,7,16  



219,ファイトーと祇園祭の掛け声や

2007,7,15  



218,神輿洗舞妓芸妓に雨の音

2007,7,14  



217,夏の雲一緒に乗って浮かびたい

2007,7,13  




216,夏至になり今年も半分過ぎにけり

2007,7,12  



215,入梅は嫌な季節に決まってる

2007,7,11  



214,昼顔も籠に挿しては京都風

2007,7,10  



213,パリ祭に行ってみたいや夢の夢

2007,7,9  



212,夏祭り各地の情緒元気出し

2007,7,8  




211ラッキーのうんこをとって七盛夏

2007,7,7  



210,紫陽花や赤や青くに七変化

2007,7,6  



209,月影はほんのり甘く君思う

2007,7,5  



208,白木蓮ふと気が付くと枯れ木なり

2007,7,4 



207,かき氷アイスの冷気胃に沁みる

2007,7,3  



206,葦簾張り風通し良く陽は遮断

2007,7,2  
 



205,貴船川床緑の下で舌鼓

2007,7,1  



204,打ち水で暫しの涼を感じつつ

2007,6,30  



203,緑陰を求めて歩く散歩道

2007,6,29  




202,お昼寝や南の島のハンモック

2007,6,28  



201,夏の風邪布団剥いだかクーラーか

2007,6,27  


俳句11へ


トップページへ

俳句13へ