俳句14

260,早苗背に田水の中に富士の影

2007,8,29 



259,布袋草成程そっくり太鼓腹

2007,8,28  



258,団栗を路傍に見つけ時期到

2007,8,27  



257,色香り穏かなりし夾竹桃

2007,8,26  




256,秋の蜂木立の辺りこんにちは

2007,8,25  



255,登山道歩みの一歩一歩ずつ

2007,8,24  



254,炎天で日干しにならぬか駐車員

2007,8,23  



253,蝉しぐれ豪雨のように降りかかり

2007,8,22  




252,コスモスやゆらり揺れてる風のまま

2007,8,21  



251,明月やかくありたしくわがこころ

2007,8,20  



250,今日の月デカク明るく打ッ魂

2007,8,19  



249,名月や此処に還るかかぐや姫

2007,8,18  




248,十五夜や供えておかず団子など

2007,8,17  



247,満月や釣りの時間が気にかかる

2007,8,16  



246,ひこばえの中にもピット頭肌

2007,8,15  



245,夏の朝朝日を浴びてさあ行こう

2007,8,14  



244,蝉の声頭中に鳴る凄まじさ

2007,8,13  



243夏の日やコントラストのよく目立

2007,8,12  



242,梅雨は去りからりと晴れて陽来たる

2007,8,11  




241,秋近し何やらそよぐ朝の風

2007,8,10  


俳句13へ


トップページへ

俳句15へ