俳句15

280,美術展新しきもの探しつつ

2007,9,18 



279,美術展何故か楽しく足運び

2007,9,17  



278,毛見役人泥棒如きよりひどい

2007,9,16  



277,力尽く勝手な毛見はもうたくさん

2007,9,15  



276,涼しいな気持ちがいいな散歩

2007,9,14  



275,毛見するは代官さまのお役得

2007,9,13  



274,いやな毛見庶民はみんな困ります

2007,9,12  



273,移り行く爽やかな風頬に受け

2007,9,11  



272団栗を拾う楽しみ散歩道

2007,9,10  



271,毛見のよう申告のときおどおどと

2007,9,9  





270,虫の声静かな夜に鳴り渡り

2007,9,8  



269,台風だ懐中電灯持ち歩き

2007,9,7 



268,秋麗青空のもと心晴れ

2007,9,6  



267,爽やかな日々の陽気に出かけたし

2007,9,5  



266,秋の夜机に向い読書風

2007,9,4  



265蝉の声亡骸もあり巡る四季

2007,9,3  



264,秋の暮寂しいような頼りなさ

2007,9,2  



263,秋の朝涼しい風に実感し

2007,9,1  



262,秋彼岸寺に行く日が気にかかる

2007,8,31  



261,年毎に残暑厳しく感じつつ

2007,8,30  


俳句14へ


トップページへ

俳句16へ