俳句19

360,冬の暮ガラス拭きしてしみじみと

2007,12,11  




359,サクサクと黄落の道踏みしめて

2007,12,10  



358,冬晴れの朝の散歩も乾ききり

2007,12,9  



357,クリスマス神は何処にケーキのみ

2007,12,8  



356,冬めきてチョコも何か食べにくく

2007,12,7  



355,冬めきてシャワーを止めて湯に浸かり

2007,12,6  



354,冬めきて何故か体も強張って

2007,12,5  



353,冬めきて海の風景荒らぶりて

2007,12,4  



352,冬めきて犬もベッドに入り込み

2006,12,3  



351,冬めきて犬のうんこも温かい

2007,12,2  



350,冬めきて衣服も何所かドゥンケルに

2007,12,1  




349,冬めきて立ち食い蕎麦も繁盛

2007,11,30  



348,冬めきて毛深くなりぬ体毛や

2007,11,29  



347,冬めきてカラスは何処へ行ったやら

2007,11,28  



346,冬めきて空の青さも透き通り

2007,11,27  




345,冬めきて光熱費まで増え始め

2007,11,26  



344,冬めきて植木の姿枝だけに

2007,11,25  



343,冬めきて手もガサガサとなりにけり

2007,11,24  



342,冬めきて観音竹も室内に

2007,11,23  




341行く秋や夕暮れのとき茜色

2007,11,22  


俳句18へ


トップページへ

俳句20へ