俳句23

440桜舞い着物に帯の行く舞妓

2008,3,10  



439,はんなりとだらりの帯に桜舞い

2008,3,9 



438,剪定後明るい空に広い空

2008,3,8  



437京をどり思い出しつつ絵に励み

2008,3,7  



436,花の京舞妓芸妓に地方さん

2008,3,6  



435割れしのぶ都踊りに揺れる髪

2008,3,5  



434,京の宿今宵もひとり冬の床

2008,3,4  



433,ちらほらと梅の蕾も膨らんで

2008,3,3  



432冬の京酒席の舞いはダブリ像

2008,3,2  



431,外は雪粋な芸妓と宴盛ん

2008,3,1  



430,舞妓の宴外の寒さもなんのその

2008,2,29  



429,菜の花が風に揺られて嬉しそう

2008,2,28  



428冬の京路行く舞妓に目がとまり

2008,2,27  



427雪の路地だらりの帯が傘と行き

2008,2,26  



426芸妓さん虎虎虎に笑花咲き

2008,2,25 



425,先斗町お茶屋遊びに小雪舞い

2008,2,24  



424春を待つ木々の力は静かなり


2008,2,23  



423,ブーツ履き外へ行く日も後僅か

2008,2,22  



422半月が弓上にして宙に在り

2008,2,21  



421フロントにクルマの屋根の小雪崩

2008,2,20  



俳句22へ


トップページへ

俳句24へ