俳句30

580川床も部屋に急いで夏の雨

2008,8,24  



579夕立が窓を横切る新幹線

2008,8,23 



578京の夏勉強部屋の新幹線

2008,8,22 



577照りつける陽射しの中に秋の風

2008,8,21  




576,時流れ小鮎大鮎時を知る

2008,8,20  




575,空蝉が道路に御し源氏様

2008,8,19  



574アパートの黴が目に付く無精部屋

2008,8,18  



573,今日も咲く頑張っている日日草

2008,8,17  



572,室内はクーラー効いて秋の宵

2008,8,16  




571,蝉しぐれ何処へ行っても同じ音


2008,8,15  



570夜店にて彷徨い歩きあても無く

2008,8,14  



569,青や赤朝顔の花楽しみに

2008,8,13  



568踊ったねキャンプファイヤー夜の夢

2008,8,6  




567,ドンドンとドトーヌかなと花火鳴り

2008,8,5  



566京都駅降りて吃驚空気熱

2008,8,4  



565,簪で葉月と知れる舞妓かな

2008,8,3  



564鮎釣りや長い竿持ち気も長く

208,8,2  



563ヨット行く大海原に小さき帆

2008,8,1  



562ねぶた形生きてるような巨大さで

2008,7,31  




561竿灯を肩に突き立て見せ所


2008,7,30  


俳句29へ


トップページへ

俳句31へ