俳句31

600秋の田が横に飛んでく新幹線

2008,9,16  



599秋の田を横目に見ての新幹線

2008,9,15  



598稲妻に豪雨に強風温暖化

2008,9,14  



597,知らぬ間に富士の初雪過ぎ去って

2008,9,13  



596,台風が南の海で生誕中

2008,9,12  



595,朝日浴び涼しい風に足軽く

2008,9,11  




594秋彼岸仏は何処に来るのかな

2008,9,10  



593,秋になり形ばかりの本読みに

2008,9,9  



592,雲隠れ名月さんも雲隠れ

2008,9,8 



591,テレビにて吉田火祭り地元で

2008,9,4  



590,晴れやかにまだ鳴いている蝉の声

2008,9,3  



589九月とて陽射しも何処か名残惜し

2008,9,2  



588,葉月なり葡萄の味も濃いくなり

2008,9,1  



587新涼の朝の散歩も軽やかに

2008,8,31  



586,蒸し暑さいつまで続くげんなりと

2008,8,30  



585よく眠れ夏の疲れか寝過して

2008,8,29  



584,秋めいて風も仄かに気持ちよく

2008,2,28  



583,残暑の陽浴びて感じる懐かしさ

2008,8,27 



582残暑浴び思い出のこと照り返し

2008,8,26  



581人生も秋を迎えてはんなりと

2008,8,25  


俳句30へ


トップページへ

俳句32へ