俳句32

620,扇持ち菊簪の舞妓さん

2008,10,7  



619お茶屋にて料理を飾る紅葉の葉

2008,10,6  



618狐出て道を横切る信州路

2008,10,5  



617,狸出てポンポコポンの歌の様

2008,10,4  



616信州路熊も出るよな山の路

2008,10,3  



615信州路月夜に踊る動物等

2008,10,2  



614,信州路夜のドライブ蛙跳び

2008,10,1  



613紅葉狩り京を見尽くし東北へ

2008,9,30  



612,秋の山霧か雲かと窓曇り

2008,9,29  



611,相撲取り良きも悪しきも国際化

2008,9,28  



610,川床も雨の鴨川部屋の中

2008,9,27  



609,憧れの松茸飯もご無沙汰さ

2008,9,,26  



608夜食とりメタボ気になる中年期

2008,9,25  



607団栗が今年も道に落ちていた

2008,9,24  



606秋の川水位は上がり荒々し

2008,9,23  



605,水澄みて川の流れもいざ速く

2008,9,22  




604,秋の山青空を背に緑濃く

2008,9,21  



603宴席に羽黒蜻蛉も舞い込んで

2008,9,20  



602秋の田は地平線まで黄金色

2008,9,18  



601秋の田は豊かで嬉黄金色

2008,9,17  


俳句31へ


トップページへ

俳句33へ