俳句34

660,翼広げ紅葉抱く御岳山

2008,11,26



659枯れ葉落ち乾いた土に季節感

2008,11,25



658,落ち葉踏み犬も楽しげ朝の道

2008,11,24



657,カサカサと落ち葉舞い飛ぶ散歩道

2008,11,23



656,紅葉の巨大ステラス御岳山

2008,11,22



655,翼広げ秋空に翔ぶ御岳山

2008,11,21



654,枯れ葉舞いいつもの道もちと寂し

2008,11,20



653,秋晴れに皆が見つめる御岳山

2008,11,19



652紅葉の森を裾野に御岳山

2008,11,18



651,御岳山霧に隠れて姿無し

2008,11,17



650,黒い鯉鴨川の主行く秋や

2008,11,16



649,鯉もいる金魚も御す鴨の川

2008,11,15



648暮れの京月が懸かれるシルエット

2008,11,14



647,花一輪花瓶に挿して良き仄か

2008,11,12



646,御岳山三千を超え秋の空

2008,11,11



645,生を終え枯草になり野の命

2008,11,10



644,御岳山舞妓に見たて雪の髪

2008,11,9



643,御岳山雪を被って一寸洒落

2008,11,8



642,風に揺れススキを前に御岳山

2008,11,7



641秋晴れの開田高原絵に描く

2008,11,6



俳句33へ


トップページへ

俳句35へ