俳句36

700,音たててポストに響く年賀状

2009,1,9



699,お年玉昔は僕も楽しみに


2009,1,8



698,門松を置いて飾ると気分増し

2009,1,7



697,初景色静かに明けるビルの街

2009,1,6



696初富士が故郷で待つ甲州

2009,1,5



695,初明り東の窓は輝いて

2009,1,4



694これ食べて大根置いて故郷へ

2009,1,3



693,初夢に御日柄渡し現もか

2009,1,2



692鳥居前キリストも出るお正月

2009,1,1



691,ボーナスが出れば今年は万々歳

2008,12,31



690,クリスマス子供だましの品届き

2008,12,30



689,年を越す越した向こうは年違い

2008,12,29



688,年の内やっぱり区切りはあるようで

2008,12,28



687,年の瀬は向こうの瀬へと流れ行き

2008,12,27



686,歳末も普段と同じ日々なのに

2008,12,26



685,年の暮れ不景気なのに慌し

2008,12,25



684マフラーを肩に通学女学生

2008,12,24



683,雨上がり朝歩く道湯気立てり

2008,12,23



682,冬の夜は何故か知らねどぐっすりと

2008,12,18



681,冬の朝きりりとしまる身と心

2008,12,17


俳句35へ


トップページへ

俳句37へ