俳句37
720,枯草で庭がすっきり広々し

2009,2,5


719,竜の玉地の上に咲く数珠の玉

2009,2,4


718,白川の青鷺のいる巽橋

2009,2,3


717,浮寝鳥新聞配達橋を行き

2009,2,2


716,冬木立ち骨を曝して丸裸

2009,2,1


715,
雨に濡れ雀が一羽枯れ枝に

2009,1,31


714,寒椿一輪飾ってげに可愛

2009,1,30


713,舞妓さん雪を払ってお座敷へ

2009,1,29


712,雪の降る宮川小路舞妓行く

2009,1,28


711,すき焼きで小皿に残る朝御飯

2009,1,27


710,マスクかけ知人も誰かわからない

2009,1,22



709時速し沖縄便り初桜

2009,1,21


708,灯火が京近くなり沢山に

2009,1,20


707京近く雪被る山横に見て

2009,1,19


706,お日様がとても眩しい冬の朝

2009,1,15


705,舞妓待つ京行く道は日が落ちて

2009,1,14


704,扇投げ浮世を忘れ夢遊び

2009,1,13


703,御帳綴じ今年こそはと黒目指し

2009,1,12


702,老いの春今年一年生きてるか

2009,1,11


701,おらが春画業の向上願いつつ

2009,1,10

俳句36へ


トップページへ