俳句38
740,梅の頃京の舞い見を楽しみに

2009,3,9



739,飛ぶ景色枯れた田圃に霞む山

2009,3,8


738,青空に灯台かなと京都タワー

2009,3,7


737,朝ぼらけ霞の空に京都タワー

2009,3,6


736,珍しく鴨の河原の雪模様

2009,3,5


735,泣いてるよ淋しい冬の舞妓さん

2009,3,4


734,キテと啼く鴨川の鴨京の冬

2009,3,3


733,冬の陽を遠くに浴びて海光る

2009,3,2


732,浮かぶ雲様々に見え春の夢

2009,3,1


731, 弁慶も此処に立ったか冬の京

2009,2,28


730,三千院雪がひらひら舞い降りて

2009,2,27


729,冬枯れの景色の中を新幹線

2009,2,24


728,冬の京おこぼの音も緊と張り

2009,2,23


727,漬物も一層旨く京の冬

2009,2,22


726,黄水仙未来明るく示すなり

2009,2,21


725,冬草は街路樹の下存えて

2009,2,20


724,節分はお化け御出ます祇園街

2009,2,19



723,沢庵の音が聞こえる駅弁当

2009,2,18


722,節分か八坂神社は舞神楽

2009,2,17


721,節分の八坂神社で舞妓舞


2009,2,16

俳句37へ


トップページへ

俳句39へ