俳句4

60,鮨食し職人技にピンとする

2007,2,22  


59,木の芽時今年の息吹心待ち

2007,2,22  



58,有り難うひとり者にも春は来る


2007,2,21  



57,子供の日私の日はないひとり者

2007,2,21  



56,ひな祭り私の日はないひとり者

2007,2,21  



55,春雪に輝く山の晴れ姿

2007,2,21  



54,
春星と銀座のネオン入り乱れ

2007,2,20  



53,山便り乗せて春風街中を

2007,2,19  


52,幼き日父に連れられ花電車

2007,2,19  




51,雨上がり花も草木もしっとりと

2007,2,18 
 



50,春雨にぼんやり浮かぶ東京駅

2007,2,18  



49,除夜の鐘七音鳴らせば洋楽器

2007,2,17  



48,春寒や風も陽射しも萌黄色

2007,2,17  




47,春光に輝く君の晴れ姿

2007,2,17  



46,暖冬か鉢植えの木も水を吸

2007,2,16  



45,春の日が耐える大地に思い遣り

2007,2,16  



44,水道水暖冬なのに手が縮む

2007,2,16  



43,春めく日こころは旅へ夢描く

2007,2,16  



42,文字だけで思ひを伝ふは霞模様

200,2,15  


41,春一番花粉症には堪りませぬ

2007,2,14  



俳句3へ

トップページへ

俳句5へ