俳句45

880,竹落ち葉小庭の隅にいつもあり

2009,8,19


879,京の町何処へ行っても蝉の声

2009,8,18


878,蝉の声聞きながら描く舞妓の絵

2009,8,17



877,えごの花星夜のように鏤めて

2009,8,10


876,逞しき向日葵の黄に感動し

2009,8,9


875,布袋草水を飲んだか腹膨れ

2009,8,8


874,葉柳が風力計に早変わり

2009,8,7


873,緑陰で信号待ちの一時を

2009,8,6


872,夏の朝人も疎らなウォーキング

2009,8,5


871,野牡丹の道に散りたし花模様

2009,8,4


870,蝉時雨朝の散歩に興を添え

2009,8,3


869,万緑に命溢れて生き生きと

2009,8,2


868,ひょろひょろと鷺草が咲き飛ぶ如く

2009,8,1


867,夏木立青々として豊か也

2009,7,31


866,蜂の巣を換気扇にと作りしも

2009,7,30


865,葉桜はだらしなさそに枝垂れて

2009,7,29


864,岩魚釣り岸でわいわい地元の子

2009,7,28


863,棕櫚の花米が出来たと間違えて

2009,7,27


862,夏の蝶いつもひとりでふらり旅

2009,7,26


861,岩魚釣り川面で泳ぐ虫餌達

2009,7,25


俳句44へ


トップページへ

俳句46へ