俳句47
920,外苑に母校進出秋の風

2009,9,30


919,爽やかな朝の風受け行く小路

2009,9,29


918,秋冷に腰の痛みもやや響き

2009,9,28


917,秋澄みて遥かに富士がくっきりと

2009,9,27


916,秋麗高尾の山をハイキング

2009,9,26


915,ディナーショー舞妓芸妓に秋の宴

2009,9,25


914,彼方此方でくしゃみの音が
クシクシと


2009,9,24



913,爽やかな空気を求めて故郷に

2009,9,23


912,早朝に秋の風背に走る人

2009,9,22


911,秋の風ゴミ箱の蓋吹き飛ばし

2009,9,21


910,読書氏も思い散り々秋の夜

2009,9,20


909,秋の暮三味線の音聞こえきて

2009,9,19


908,蓑虫が木にぶら下りぶらぶらり

2009,9,17


907,秋の朝何時もの道を今日も行く

2009,9,16


906,園芸屋店の前には菊並び

2009,9,15


905,秋彼岸父の法事も七回忌

2009,9,14


904,霧かかり朝の散歩も夢の中

2009,9,13


903,秋めいて人々の服落ち着いて

2009,9,12


902,虫の声聞きながら行く宵の道

2009,9,11


902,秋の旅のんびりのとき過ごしたい

2009,9,10


901,新秋や米の出来高気になりて

2009,9,9

俳句46へ


トップページへ

俳句48へ