俳句48
940,星月夜ゴッホの絵画思いだし

2009,10,22



939,宵闇に何時になるのか待ち侘びて

2009,10,21


938,雨の月円満無き闇余も塞ぎ

2009,10,20


937,国宝の二文字を盾に美術展

2009,10,19



936,月見れば兎の姿思い出し

2009,10,18


935,薄の穂日射しを浴びてゆらゆらり

2009,10,17


934,湖に映りし月の歪みつつ

2009,10,16


933,鰯雲食べてみたいな巨大魚

2009,10,15


932,儚くも生まれて消えて秋の雲

2009,10,14


931,秋の朝ポストの前で立ち読みし

2009,10,13


930,秋の空抜けるコバルト果てし無く

2009,10,12


929,道端の銀杏の実拾う人

2009,10,11


928,人生も背筋が曲がる秋の頃

2009,10,10


927,雨上がり仄かな匂い秋の朝

2009,10,9


926,台風のニュースを見つつ日もすがら

2009,10,8


925,秋晴れの朝の散歩は歌も出て

2009,10,7


924,蟹股の女も歩く秋の街

2009,10,4


923,僕は見た夜逃げのクルマ秋の夜

2009,10,3


922,秋なのにこっくりこくり電車内

2009,10,2


921,秋雨にじっとり感としっとりと

2009,10,1

俳句47へ


トップページへ

俳句49へ