俳句51
1000,祝千句長い道程年の果に

2009,12,26


999,寒風の小波の上を船一艘

2005,12,25



998,ラッキーの寒中うんこ湯気上がり

2009,12,24


997,寒天の晴れの日には星の空

2009,12,23


996,三日月の隣に一つ綺羅星が

2009,12,22


995,冬の朝己の影は巨人なり

2009,12,21


994,数え日の申告書への決算帳

2009,12,20


993,師走来て今年も末と幾度ぞ

2009,12,19


992,柚子風呂に浸かりし体解されて

2009,12,18


991,冬至也実に日短く夜長し

2009,12,17


990,冬温し陽だまり探し犬伏せり

2009,12,16


989,冬ざれて並木の姿丸裸

2009,12,15


988,寒さ沁み我が懐も堪けり

2009,12,14


987,冬深み景色の色は灰か白

2009,12,13



986,凍ること近年は無い千駄ヶ谷

2009,12,12


985,寒くなり世の移ろいもそのように

2009,12,11


984,夜の空輝く星が冴え渡り

2009,12,10


983,黄葉のひらひらと舞う微風かな

2009,12,9


982,ラッキーも黄葉踏みて楽しげに

2009,12,8


981,初冬や世は荒涼となりにけり

2009,12,7
俳句50へ

トップページへ

俳句52へ