俳句53
1040,鉢植えの土の表面霜が降り

2010,2,4


1039,極寒を肌で感じる鼻の水

2010,2,3


1038,節分の八坂舞い見に京に行き

2010,2,2


1037,寒月に金星一つ寄り添いて

2010,2,1


1036,受験日の近くなり来て緊張し

2010,1,31


1035,猿殿の履物想ふ冬の朝

2010,1,30


1034,靴履けど爪先寒し革の靴

2010,1,29


1033,冬の街ビルの隙間に星一つ

2010,1,28


1032,目を細む冬の日射しが眩しくて

2010,1,27



1031,千円の手袋を身に景気知る

2010,1,26


1030,河豚喰えど味無く硬く此美味か

2010,1,25



1029,風吹けば木の葉掃く日も多くなり

2010,1,24


1028,よく寝てる犬も冬眠するのかな

2010,1,23



1027,川文字に盛った柳葉魚は皿の上

2010,1,22


1026,寒鴉電線直下要注意

2010,1,21


1025,餌を突きホームに一羽冬雀

2010,1,20


1024,時折の三寒四温やって来た

2010,1,19


1023,沢山の木の芽見つめて春を待つ

2010,1,18


1022,寒き日に珈琲旨し鍋旨し

2010,1,17

1021,初詣年を感じて中止せり

2010,1,16
俳句52へ

トップページへ

俳句54へ