俳句54
1060,伸び伸びと犬にも春が鼾掻き

2010,2,27


1059,春を待つ生物達の心の内

2010,2,26


1058,本読むと眠気が襲ふ春近し

2010,2,25


1057,寒き風陽は当りてもまだまだと

2010,2,24


1056,遠き山白き衣で冬の体

2010,2,23


1055,寒き風身を凝らせて肌を撫で

2010,2,22


1054河津へと桜巡りて雨に逢い

2010,2,21


1053,燗をつけ一杯飲んで床に入り

2010,2,20


1052,捕鯨船南の海で苛められ

2010,2,19


1051,熱燗を独り頂く無粋の日

2010,2,18


1050,ゲレンデはオリンピックで華やかに

2010,2,17


1049,鍋焼きで手を温めて饂飩喰う

2010,2,16



1048,床暖の年に一度のメンテナス

2010,2,15


1047,寒肥を鉢にばら蒔き楽しみに

2010,2,14


1046,寒雀道を突いて餌は有りや

2010,2,13


1045,寒天やコバルトブルー突き抜けり

2010,2,12


1044,冬晴れにほっと一息日の光

2010,2,11


1043,申告の準備整い春近し

2010,2,10


1042,朝起きて窓開け見れば京の雪

2010,2,9


1041,冬の旅4本マストの帆船で

2010,2,8
俳句53へ

トップページへ

俳句55へ