俳句6

100,輝かし都踊りを見てみたい

2007,3,20  



99,お彼岸は此岸の内に在りまする

2007,3,19  



98,
土筆んぼう土手に咲いてた過ぎし日に

2007,3,18  



97,冬桜耐え抜き開くエネルギー


2007,3,17  



96,花冷えで予報慌てて訂正か

2007,3,16  



95,春風に煙草を吹かし行く女

2007,3,15  



94,西郷さん桜の山が守ります

2007,3,14  



93,
芸道の果てしない旅年歩む




92,冬時も元気でいたい一人旅

2007,3,13  



91,芸道は花野原行く旅のよう


2007,3,13  



90,旅仕度春風よりもいそいそと




89,フランスで春の祝言参加旅

2007,3,13  



88,艶やかな彼岸桜のプレリュード


2007,3,12  



87,桜餅買ってきてねと母が言う


2007,3,11  



86,白木蓮ハウスツリーと定めた

2007,3,10  


85,義士祭り御苦難偲び涙落つ

2007,3,9  



84,春風に思い出すのは山野草


2007,3,8  



83,文旦よジュースの量をもう少し

2007,3,8  



82,春の蚊や暖冬故に早出かな


2007,3,8 



81,人生は桜の如く潔く

2007,3,7  


俳句5へ


トップページへ

俳句7へ