俳句62

1220,外灯かと見たのだが満月だ

2010,11,21


1219,紅葉をカメラにおさめ絵の素材

2010,11,20


1218,天気みて紅葉狙いいざ京都

2010,11,19


1217,北風に襟立て屈み防衛し

2010,11,18


1216,冬近し元栓締めにべ別荘

2010,11,17


1215,日溜まりを見つけてほっと冬日向

2010,11,16


1214,日溜まりに落ち葉集まり風も吹き

2010,11,15


1213,柿の実がテーブルにのり豊色に

2010,11,14


1212,木犀の黄色き香り漂いて

2010,11,12


1211,名残りの朝顔一花よくも咲き

2010,11,11


1210,銀杏で臭い並木の散歩道

2010,11,10


1209,大路行く平安祭り人の垣

2010,11,9


1208,,末枯れの薔薇の盆栽仏哉

2010,11,8


1207,田の中の今は案山子もオールスター

2010,11,7


1206,昼間から何を飲んだか酔芙蓉

2010,11,6


1205,富士を背に美し並木七竃

2010,11,5


1204,芋とてもモンブランかと勘違い

2010,11,4


1203,団栗を見つめてハタと森の元

2010,11,3


1202,稲の秋郵便局も景品に

2010,11,2


1201,晩学の夜学に通う社会人

2010,11,1


俳句61へ

トップページへ

俳句63へ