俳句65
1280,日脚伸び時は静かに移ろいつ

2011,1,24


1279,雪晴れの陰の青色日に映えて

2011,1,23


1278,大寒の夜空清かに果てし無く

2011,1,22


1277,冬ざれた大地を照らす日の光

2011,1,21


1276,冬ざれて此の世彼の世も区別無く

2011,1,20


1275,短日に遣ること多き生業の

2011,1,19


1274,水仙の凛々しき姿見習おう

2011,1,18


1273,正月ももう終わりかと焦っちゃう

2011,1,17


1272,まだ続き仕事始めも上の空

2011,1,15


1271,寝正月とはいかなくて暇は無く

2011,1,14


1270,鏡餅手こずり切って食べられて

2011,1,13


1269,年賀持ち元気な姿ようこそと

2011,1,12


1268,梅便り東京の次京都也

2011,1,11


1267,初天神祈る合格今年こそ

2011,1,10


1266,初詣近くで略し氏神へ

2011,1,9


1265,お雑煮を食べ過ぎたのか出来ものが

2011,1,8


1264,お飾りも七日過ぎればゴミと消え

2011,1,7


1263,さあ行こう新年の計実行へ

2011,1,6


1262,初富士を眼下に見るも今の世や

2011,1,5


1261,正月の歌が流れてその気分

2011,1,4

俳句64へ

トップページへ

俳句66へ