俳句66
1300,皹きれて足の手入れを思い出し

2011,2,16


1299,猫眠り鉢の上にて日向ぼこ

2011,2,15


1298,忙しく風邪ひく暇も無い身分

2011,2,14


1297,冬帽をユニクロセール有り難い

2011,2,13


1296,雪予報準備万端だが降らず

2011,2,12


1295,冬の朝餌を目指して犬起こし

2011,2,11


1294,木の葉髪頂き薄くなりにけり

2011,2,10


1293,手袋の温もり感が身に沁みて

2011,2,9


1292,木枯らしも不景気風を増長し

2011,2,8


1291,寒肥をパラパラと遣り胸弾み

2011,2,7


1290,北風に体縮こめ行く人ぞ

2011,2,6


1289,テーブルに蜜柑が二つ仲良しの

2011,2,5


1288,豊漁の寒鰤に沸く日本海

2011,2,4


1287,鶴渡りフルーも渡り一大事

2011,2,3


1286,襟巻をプレゼントされ常用し

2011,2,2


1285,そそくさと湯ざめ大敵衣を纏い

2011,2,1


1284,寒天に繊月の傍星ひとつ

2011,1,31


1283,スケーター道路の上で舞いトレを

2011,1,30


1282,寒泳や何もそんなにしなくても

2011,1,29


1281,息白し蒸気機関車思い出し

2011,1,28


1281,冬服も薄くなれりて不景気や

2011,1,27


1282,薄氷道端にありよく滑り

2011,1,26


1281,節分の恒例行事舞妓舞い

2011,1,25
俳句65へ

トップページへ

俳句67へ