俳句67

1320,春めくも心の中は今一つ

2011,3,8


1319,春寒の外に遊ぶも気乗りせず

2011,3,7


1318,若草の生え始めた鉢の中

2011,3,6


1317,春の夢儚きことの人の生

2011,3,5


1316,春服を纏いて旅へいざ行かん

2011,3,4


1315,春装のオフィスレディー軽やかに

2011,3,3


1314,雛祭り我が家に飾る小人形

2011,3,2


1313,ほんわりと春の油絵買いました

2011,3,1


1312,枯園の生きてる木々に水を遣る

2011,2,28


1311,冬の月兎さんだとわかったよ

2011,2,27


1310,スモッグも中国渡来異国製

2011,2,26


1309,冬麗浮足立ってヲーキング

2011,2,25


1308,よく変わる三寒四温真っ最中

2011,2,24


1307,冬の蝶見たこと無いがいるみたい

2011,2,23


1306,冬の星ビルの電気と間違える

2011,2,22


1305,冬の鳥何処で生きてる姿見ず

2011,2,21


1304,酸っぱいの甘いのもある蜜柑也

2011,2,20


1303,道行くとマンホールから湯気たてり

2011,2,19


1302,生姜湯を体の為と勧められ

2011,2,18


1301,雪降ろし命が懸る常作業

2011,2,17
俳句66へ

トップページへ