俳句68
1340,春の日に明るい希望見出して

2011,4,1


1339,花弁が道に落ちてて桜かな

2011,3,31


1338,京おどり春の楽しみ馳せ参じ

2011,3,30


1337,春の夢世の有様も此の如し

2011,3,29


1336,朝寝して慌てて日課とりかかり

2011,3,27


1335,春愁も地震津波でさらに増し

2011,3,26


1334,春の風邪女学生まで咳に洟

2011,3,25


1333,観梅のお茶たつ舞妓上七軒

2011,3,24


1332,春遊び京の山にも人が出て

2011,3,23


1331,磯遊び波の寄せ来る岩畳

2011,3,22


1330,風に乗り春は何処からやって来る

2011,3,21


1329,春の灯も停電ときていと暗し

2011,3,20


1328,桜餅買いに行ったよ幼き日

2011,3,19


1327,お彼岸に遠き国より駆けつける

2011,3,18


1326,春めいて土の中から芽の出

2011,3,17


1325,早春の風に乗ってく君の像

2011,3,16


1324,春浅し冷たい風と日の光

2011,3,15


1323,早春に地震津波と原発も

2011,3,14


1322,春めきて心は何故か乱れ気味

2011,3,10


1321,春めくば心体共に動き出し

2011,3,9

俳句67へ

トップページへ