俳句69
1360,春光の溢れる空に朧雲

2011,4,22


1359,新緑の眩しき光並木道

2011,4,21


1358,逝春にしみじみと建つ祇王寺

2011,4,20


1357,花冷えの京の都の御見物

2011,4,19


1356,麗かな陽の光浴び全て在り

2011,4,18


1355,春暖は日毎に募り雨さえも

2011,4,17


1354,春の宵あの人は何処今何を

2011,4,16


1353,のんびりと日射しを浴びて春の昼

2011,4,15


1352,春矢張り命育む原点哉

2011,4,14


1351,春到来さあこれからだ前へ行く

2011.4.13


1350,ふと見るとこんな所にも草萌ゆる

2011,4,12


1349,桜咲き風に移ろふ香り哉

2011,4,11


1348,上を向き桜見上げて歩く道

2011,4,10


1347,春来たり野山の木々も黄緑に

2011,4,9


1346,春になり陽の明るさで早起きに

2011,4,8


1345,蒲公英の元気な黄色スクと立ち

2011,4,7


1344,菫咲く道端にふと目が止まり

2011,4,6


1343,咲くもよし散るも綺麗な桜哉

2011,4,5


1342,花人の多きことには驚きぬ

2011,4,4


1341,春の日を浴びて包まれ幸せに

2011,4,2



俳句68へ

トップページへ

俳句70へ