俳句7

120,桜見は花びらもよし景もよし

2007,4,8  



119,花見頃門へ連なるひとの列

2007,4,7  



118,桜咲き空も意気込み雨も降る

2007,4,6  



117,楽しみを楽しむ春は今ここに

2007,4,5  



116,しっとりと雨の桜は艶やかに

2007,4,4  



115,桜咲き人出も多し御苑門


2007,4,3  



114真ん丸なでっかい太陽春暁に

2007,4,2  



113,春風に靡く髪の毛馬のよう

2007,4,1  



112,春泥にあわやすべって土化粧

2007,3,30  



111,桜見に母は京まで行きにけり

207,3,29  



110,木の根開き川も大きくなりにけり

2007,3,28  



109,花曇来年こそは受かりたい

2007,3,27  



108,残雪に来る予感を待ち望み

2007,3,26  



107,卒業の子供らの群れにぎにぎし


2007,3,25  



106,復活祭異国の卵大多忙


2007,3,24 



105,朧月彼氏とふたり有難う

2007,3,23  



104,お水取り駆ける松明華やかさ

2007,3,23  



103,お彼岸にお墓とおはぎ忘れえず

2007,3,22  



102,春蘭は今年も地味に咲きにけり

2007,3,21  



101,
春暁や街に光りが入り込む

2007,3,21  


俳句6へ


トップページへ

俳句8へ