俳句70
1380,春の野に草摘む童親子連れ

2011,5,15


1379,山笑う東の山も富士さんも

2011,5,14


1378,春の山人出て鳥も野に遊ぶ

2011,5,13


1377,彼方より春の夕焼け朱に染まり

2011,5,12


1376,鳥曇り遥かな空を往く群れが

2011,5,11


1375,山霞み田も遠く迄見渡せぬ

2011,5,9


1374,夏近しコントラストの日の光

2011,5,8


1373,春塵の世の中を行く人の生

2011,5,7


1372,坪庭に目が覚むる程躑躅咲き

2011,5,6


1371,うまごやし都会の空き地のびのびと

2011,5,4


1370,菫咲く道端の鉢目に留まり

2011,5,3


1369,春の草草草也の元気哉

2011,5,2


1368,春風が頬に囁き去って行く

2011,4,30


1367,若緑銀杏の木にもベール掛け

2011,4,29


1366,木蓮の散りし花弁点々と

2011,4,28


1365,庭に咲く満天星の花可憐哉

2011,4,27


1364,校庭の桜蕊降る路傍哉

2011,4,26


1363,春の空青キャンバスに夢描く

2011,4,25


1362,春風が体に当たり気持ちいい

2011,4,24


1361,朧月そなたもよくは見えぬ哉

2011,4,23
俳句69へ

トップページへ

俳句71へ