俳句72
1420,鱧料理どの料理屋も鱧料理

2011,6,24


1419,泳ぎ行く目高の群れの迅速さ

2011,6,23

1418,朝の路涼しき風の中を行く

2011,6,22


1417,御来光これはほんとに如来様

2011,6,21


1416,御来光地の果てよりのご挨拶

2011,6,20


1415,雲海にひとり立つのは富士の山

2011,6,19


1414,梅雨の時衣食住には要注意

2011,6,18


1413,夏の雨湿り気多くしっとりと

2011,6,17


1412,薫風が何処から運ぶ黄砂哉

2011,6,16


1411,薫風も大丈夫かな放射能

2011,6,15


1410,明けやすし明日の予定に想い馳せ

2011,6,14


1409,夏の宵ちょっとビールと喉乾き

2011,6,13


1408,夏の夕ちらりほらりのサラリーマン

2011,6,12


1407,節電と暑さ続きで悲鳴上げ

2011,6,11


1406,梅雨明けて傘の出番も少なかり

2011,6,10


1405,夏草や線路脇にも生い茂り

2011,6,9


1404,梅雨寒でホットコーフィー注文す

2011,6,8


1403,半夏生京の舞妓も薄絹に

2011,6,7


1402,夏めいて半袖姿多くなり

2011,6,6


1401,初夏の様女性の脚も大胆に

2011,6,5
俳句71へ

トップページへ

俳句73へ