俳句74
1460,ハワイにてパイナップルの広き畑

2011,8,23


1459,賀茂川に麦藁帽の投網人

2011,8,22


1458,炎天の球児の集い甲子園

2011,8,21


1457,夏の空風に揺られる木の葉っぱ

2011,8,20


1456,湯沸かし器無くとも夏はお湯が出る

2011,8,19


1455,道端で風に揺られる夏草や

2011,8,18


1454,夏の空かと思いきや工事幕

2011,8,15


1453,打ち水を見習い内も散水し

2011,8,13


1452,蝉時雨小さき体大音響

2011,8,6


1451,家の壁守宮歩きて消え去りぬ

2011,8,5


1450,草むしりよくもこんなに伸びる哉

2011,8,3


1449,冷房の温度を上げて節電し

2011,8,2


1448,釣忍月の形が軒下に

2011,8,1


1447,籐椅子に横たわる母年重ね

2011,7,31


1446,夏暖簾掛けて水打つ店の主

2011,7,30


1445,青簾窓に懸りて向こう見え

2011,7,29


1444,かき氷探し求めてやっと会え

2011,7,28


1443,水羊羹ちょくちょく食べるおやつ用

2011,7,27


1442,ソーダ水せっせと買いに自販機へ

2011,7,26


1441,浴衣着て胸の露わなお姉さん

2011,7,25
俳句73へ

トップページへ

俳句75へ