俳句75
1480,名月を眺めて毎夜君想ひ

2011,9,13


1479,夜浮かぶ月を眺めて世に独り

2011,9,12


1478,秋めいて心も変わり気も変わり

2011,9,11


1477,残暑の日凌ぎ易くはなりにけり

2011,9,10


1476,人生も実りの秋を期待して

2011,9,9


1475,青々と稲穂の実る日本の地

2011,9,8


1474,秋は何処地球の上は至る所

2011,9,7


1473,秋の街綺麗な素足消えてゆく

2011,9,6


1472,桔梗挿す舞妓の髪が季節告げ

2011,9,5


1471,吹き抜ける爽やかな風本願寺

2011,9,4


1470,秋やなあ京訛りにて京想ひ

2011,9,3


1469,秋の旅京へ行くなり幾度か

2011,9,2


1468,マンゴーを大事に持参夏の客

2011,9,1


1467,何処からか夜良く響く虫の声

2011,8,31


1466,木の下に一ツ葉の群れ影の中

2011,8,30


1465,友人の絵に描かれし蓮の花

2011,8,29


1465,糠味噌の胡瓜噛締む母の味

2011,8,28


1464,道行くと植え込みの中草茂る

2011,8,27


1463,茉莉花と木札を下げしお庭の木

2011,8,26


1462,送られしデッカキメロン有り難し

2011,8,25


1461,若竹と残り切り取る古竹と

2011,8,24
俳句74へ

トップページへ

俳句76へ