俳句76
1500,秋の海津波の痕は今も猶

2011,10,3


1499,青々と稲田の続く日本哉

2011,10,2


1498,コスモスの庭に蔓延り生い茂る

2011,10,1


1497,水遣りに触れて落ち来る竹の露

2011,9,30


1496,プリンター故障を招く秋時雨

2011,9,29


1495,頂に富士の初雪薄っすらと

2011,9,28


1494,よたよたと行く愛犬と秋の暮

2011,9,27


1493,犬連れて秋の日浴びて漫ろ行く

2011,9,26


1492,秋の雲絵模様の様空の画布

2011,9,25


1491,秋の声耳の中迄届き来る

2011,9,24


1490,台風の爪痕残る街の中

2011,9,23


1489,運動会練習中に熱中症

2011,9,22


1488,朝顔の花殻取りもやや大変

2011,9,21


1487,酔芙蓉今年初めて咲きにけり

2011,9,20


1486,空海展残暑の中をご見学

2011,9,19


1485,熟年の深き思ひの秋の恋

2011,9,18


1484,星月夜跳んで行きたい星の世へ

2011,9,17


1483,十五夜が幾つも見える近視眼

2011,9,16


1482,秋の朝気合いを入れてウォーキング

2011,9,15


1481,秋彼岸寺の案内自己の名で

2011,9,14
俳句75へ

トップページへ

俳句77へ