俳句77
1520,文化の日勲章並ぶ文化の日

2011,11,1


1519,熟年の社会人等の夜学生

2011,10,31


1518,秋麗晴天の下カメラ下げ

201,10,30


1518,爽やかな神宮の森漫ろ行く

2011,10,28


1517,秋の昼見上げる空に鳥一羽

2011,10,27


1516,秋暁のヲーキングにはi-pod

2011,10,26



1515,十月の雨の朝には音に知る

2011,10,25


1514,秋の夜読書しつつも君想ふ

2011,10,24


1513,団栗が頭に落ちておお痛い

2011,10,23


1512,観月は田舎にかぎるその形

2011,10,22


1511,豊年も何処か気になる放射能

2011,10,21


1510,9月場所日本人の大関哉

2011,10,20


1509,曾祖母がよく食べていた吊るし柿

2011,10,19


1508,稲刈りの後の田に見るステム哉

2011,10,18


1507,田の色も一寸怖いな放射能

2011,10,17


1506,稲妻は豊作を告げ御来臨

2011,10,16


1505,フロントに蜻蛉が絡みふと眺め

2011,10,15


1504,雨なのに吉田火祭りよく燃えた

2011,10,7


1503,新米の送り来りてお裾分け

2011,10,6


1502,秋の雨何処か暗いな明かりつけ

2011,10,5


1501,運動会赤い帽子が並んでる

2011,10,4
俳句76へ

トップページへ

俳句78へ