俳句78
1540,ヒマラヤの遠き道より雪来る

2012,1,20


1539,大寒は世の活動も停滞し

2012,1,19


1538,鏡餅之を切るのは一仕事

2012,1,17


1537,仏壇にでんと居座る鏡餅

2012,1,16


1536,初景色人も疎らな街の中

2012,1,14


1535,自家製の掛け軸を掛け淑気満つ

2012,1,13


1534,雪景色白い世界のファンタジー

2012,1,12


1533,新年にカゼ長引いて床に伏し

2012,1,11


1532,松飾り人の世の常ゴミと消え

2012,1,10


1531,松過ぎてサラリーマンも忙しそ

2012,1,9


1530,新年に体調崩し初病

2012,1,8


1529,松の内玄関飾りも今宵迄

2012,1,7


1528,新年の街の散歩は静か也

2012,1,6


1527,年賀状貰う時には楽しけれ

2012,1,5


1526,新春の箱根を目指すツワモノ等

2012,1,4


1525,不景気でお節料理もエコノミー

2012,1,3


1524,初詣氏神様で簡略に

2012,1,2


1523,年老いた母と二人で年迎ふ

2012,1,1


1522,鶴来る空より降りるその雄姿

2011,11,3


1521,空高く群れなし飛んで鳥渡る

2011,11,2

俳句77へ

トップページへ

俳句79へ