俳句83

1640,紫陽花の小さき蕾見〜つけた

2012,5,6


1639,行楽のマイカー増えて春盛ん

2012,5,4


1638,春塵のマイカー洗う日曜日

2012,5,3


1637,水温み楽になったよ洗い物

2012,5,2


1636,心地良く肌を過ぎゆく光る風

2012,5,1


1635,鉢植えにまだ咲いているシクラメン

2012,4,30


1634,青葉なる並木の路は果てしなく

2012,4,27


1633,草取りをせねばならぬと日は過ぎて

2012,4,26


1632,チューリップ葉の出でたりし鉢の中

2012,4,25


1631,新緑に目を奪われし散歩道

2012,4,24


1630,新緑がとても綺麗な並木路

2012,4,23


1629,八重桜少し遅れて賑わいし

2012,4,22


1628,先日の桜は変わり緑葉に

2012,4,21


1627,天に向く白木蓮のエレガンス

2012,4,20


1626,サフランの並びし庭の入り口

2012,4,19


1625,目の覚める見渡す群れの菜の花哉

2012,4,18


1624,ブランコでスウィングしてる子供達

2012,4,17


1623,蒲公英があちらこちらに顔出し

2012,4,16


1622,すくと立つミニの仏に甘茶かけ

2012,4,15


1621,大御所の宝塚にも菫咲く

2012,4,14
俳句82へ

トップページへ

俳句84へ