俳句87



1720,まん丸の空にぽっかり夏の月

2012,8,2


1719,夏の雲次々と湧く空心

2012,7,30


1718,夏の月空に明るく夢の国

2012,7,29


1717,緑陰を雀餌求めて歩道行く

2012,7,28


1716,此の頃は俳句作りも夏休み

2012,7,27


1715,苧環の葉大きくなり楽しみに

2012,7,25


1714,竹落葉終わり新芽が威勢よく

2012,7,24


1713,毛虫着く酔芙蓉見て即潰し

2012,7,23


1712,夏来たり海に空にと旅に行く

2012,7,22


1711,暑き日に舞妓撮影共に苦労

2012,7,21


1710,夏だって働かなきゃあ生きられぬ

2012,7,20


1709,この夏に雪が降ったと夢を見た

2012,7,19


1708,夏の日の幼き頃の懐かしき

2012,7,17


1707,勝山の舞妓撮影お堂にて

2012,7,16


1706,道端に大きく咲きし夾竹桃

2012,7,15


1705,松葉牡丹プランターより溢れ咲き

2012,7,14


1704,頂きし幸せの味メロン也

2012,7,12


1703,夏の夜察の交通取り締まり

2012,7,11


1702,ひとつまみドライ杏も乙なもの

2012,7,10


1701,向日葵の気高き黄色空に映え

2012,7,9
俳句86へ

トップページへ

俳句88へ