俳句90
1780,台風も道に迷いて異変哉

2012,10,5


1779,秋の雨星月見えぬ淋しき夜

2012,10,4


1778,月見ると円きを過ぎて陰が差し

2012,10,3


1777,真ん円の月がぽっかり浮かんでる

2012,10,2


1776,台風の過ぎし街中荒んでる

2012,10,1


1775,爽やかな風吹いて朝行く散歩

2012,9,30


1774,秋の夜に行き交うクルマ何処へ行く

2012,9,29


1773,霧の朝御伽のような街の中

2012,9,28


1772,家路にて鈴虫の鳴く夜道哉

2012,9,27


1771,秋風に吹かれて散歩犬と行く

2012,9,26


1770,虫の声朝の散歩の細い道

2012,9,25


1769,秋風に鉢植えの竹ゆらり哉

2012,9,24


1768,団栗の道端にふたつ見つけたり

2012,9,23


1767,秋の水川面に浮かぶ葉の一枚

2012,9,22


1766,秋分の累少なかり墓参り

2012,9,21


1765,何時もより長き残暑に参ります

2012,9,20


1764,天空に流星光る闇の夜

2012,9,19


1763,メール見て微笑む乙女秋の車内

2012,9,18


1762,霧匂う普段の街は別世界

2012,9,17


1761,鈴虫の鳴く路を行くひとり旅

2012,9,16
俳句89へ

トップページへ

俳句91へ