俳句91

1800,天高し朝日を浴びるビルの壁

2012,11,7


1799,団栗が道端に在りアスファルト

2012,11,5


1798,栗二つご飯の中に見つけたり

2012,11,4


1797,野牡丹が風に吹かれて揺ら揺らり

2012,10,28


1796,外苑は銀杏祭りに早慶戦

2012,10,27


1795,長き夜ひとりで過ごす人生哉

2012,10,23


1794,秋の夜テレビを眺め団欒し

2012,10,21


1793,朝の街空に朝日が射してくる

2012,10,20


1792,展覧会入選通知届いたり

2012,10,18


1791,声上げて街角で売る栗弁当

2012,10,16


1790,金木犀甘い香りを漂わせ

2012,10,15


1789,錦木は鎧の様な衣着て

2012,10,14


1788,秋風が日の光浴び通り行く

2012,10,13


1787,蟋蟀の朝晩聞こゆ歌の声

2012,10,12


1786,野牡丹の紫映える垣根越し

2012,10,11


1785,喧騒の街の中にも彼岸花

2012,10,10


1784,窓の外稲穂の実る広き国

2012,10,9


1783,少子化哉大人多しの運動会

2012,10,8


1782,秋の風ざわざわと吹く朝の道

2012,10,7


1781,原発の影響無いか秋の田に

2012,10,6

俳句90へ

トップページへ

俳句92へ