俳句99

1960,野分後の後片付けも一仕事

2014,10,14


1959,蟋蟀の鳴声聴きつ帰宅する

2014,9,18


1958,名月が君の面影呼び起こす

2014,9,10


1957,炎天下微風だとても有り難し

2014,8,6


1956,夏の日の日射しの中をヲーキング

2014,7,27


1955,蝉の声暫しの生を歌い上げ

2014,7,27


1954,夏の朝雀チュンチュン忙しそう

2014,7,27


1953,蝉時雨朝行く路の目覚まし哉

2014,7,27


1952,ビール缶資源ゴミの日占領し

2014,7,17


1951,夏木陰雀が2匹雨宿り

2014,7,8


1950,夏の朝チュンチュンチュンと雀鳴く

2014,7,8


1949,公園で花火遊びかほの明かり

2014,7,3


1948,白線が眩しく光る夏の路

2014,7,3


1947,雷は遠くで鳴りてよしとする

2014,6,30


1946,紫陽花が何故か今年は花見せず

2014,6,23


1945,日日草日々開花して御苦労さん

2014,6,23


1944,ミニトマト枝の重さで倒れかけ

2014,6,23


1943,ミニトマトなかなか赤くなりません

2014,6,23


1942,お中元また出費かと算段し

2014,6,23


1941,蝶舞うと虫が出ぬかと目を凝らし

2014,6,23

俳句98へ

トップページへ

俳句100へ